肌を心配する女性と顔を洗う女性

肌トラブルを回避するためには、肌質に合わせてスキンケアを行います。
シミやシワなどの年齢サインのでやすいUゾーンに合わせて対策することです。
見分けるポイントとしては、朝目が覚めた時にUゾーンが全体に脂が浮いていて乾燥していなければオイリー肌、かさかさとカサつきがあり突っ張る感じがあれば乾燥肌、べたつき感もカサカサ感もある場合は混合肌です。

オイリー肌の場合は、毛穴に汚れがたまりやすくニキビや肌荒れをお越しやすくなります。
スキンケアとしては、余分な脂を取り除くことがポイントです。
洗顔では、皮脂をしっかりと落としてからオイルカットの保湿美容液でしっかりと保湿を行います。
メイク中は、こまめにあぶらとり紙を使って皮脂を抑えます。

乾燥肌の人は、角質層の水分量が不足することで肌荒れを引き起こしやすいです。
そのため、保湿のスキンケアが重要になります。
必要な皮脂や水分が逃げないようにしっかりと保湿を行います。
洗顔の際は、皮脂を落としすぎないように乾燥肌用などの刺激の少ない石鹸で優しく洗います。
洗顔後には、保湿効果の高いセラミド配合された化粧水や美容液を使うようにします。
セラミドは、角質層で水分を蓄えて肌のキメを整えてくれる保湿成分のため、乾燥肌に人は、このセラミドが配合されているタイプを選ぶようにします。

混合肌の人は、乾燥肌とオイリー肌の両方の特徴があるため、部位に合わせてスキンケアを行います。
そのため、オイリー肌の部分は余分な皮脂を落とし、乾燥している部位はしっかりと保湿を行うことになります。
洗顔では、余分な皮脂を落としつつ、セラミドなどの保湿成分が配合されている美容液などで保湿をしっかり行います。